大阪の美容外科でボトックス注射を行った理由は症例数が多かったため

ほうれい線のコンプレックス

ほうれい線のコンプレックス / 私がボトックス注射を受けようと思った理由 / 施術一週間後に変化が現れた

顔へのコンプレックスを抱えている人も多いかと思いますが、自分の場合はほうれい線が目立つので実年齢よりも老けて見られてしまうことが多くありました。
何度か話をしていたことがある人でも、後から自分の年齢を知ると、もう少し上の年齢を想像していたなどのケースも多く、年齢をいうと驚かれることも少なくなかったのです。
年齢よりも若く見られる人が羨ましい、若く見られることが理想でしたからほうれい線のコンプレックスは大きく整形でもして若く見られるようになりたい、このように考えることも少なくなかったのです。
ちなみに、ほうれい線は誰にでもある頬の境界線、最初はシワだと思っていたのですが大阪の美容外科に行ったときに頬の境界線そのものをこのように呼ぶことを知りました。
ある程度の年齢になると目立つようになるようですが、自分の場合は若い頃からやや目立つ存在になっていため、実年齢よりも老けて見られてしまう損をした気分で過ごしていました。
目元や額にできるシワの場合は肌の内側にあるコラーゲンやエラスチンなどが加齢・紫外線などの影響で減少してしまう、劣化するなどで生じるそうで表情によりシワが目立つことも少なくないのです。
ほうれい線の場合は表情に関係なく目立つもの、人によってはトレードマークのようなものだ、このように考える人もいるようですが重力により垂れ下がる皮膚のたるみでもあり、これにより頬の脂肪が下がって来て目立つようになるなどの原理があるといいます。